scroll down
concept

Go to bed in the izakaya, the bar, the snack, and the club….
Along with comfortable music, drink alcohol, talk with my friends,
and just let the morning go without being awakened by anyone.
It’s HOTEL that such luxury can be realized.

A large-scale bar counter full of concrete on the 1st floor, and a 4-beds room on the 2nd floor.
Commitment to architecture, commitment to furniture, commitment to smell.
We all thought about “comfort” and embodied it.

With lovable family, lovable friends, a lover, Together “tom alanne!

居酒屋で寝る。Barで寝る。Snackで寝る。Clubで寝る…。
心地のよい音楽と共に、お酒を呑み、仲間と語らい、そのまま誰にも起こされずに朝を迎える。
そんな贅沢が実現可能なHOTELです。

1階にコンクリート一色の大きなbar counter、2階に4-bedsを配置した都心型戸建空間。
建築にこだわり、家具にこだわり、香りにこだわり。
“居心地”をみんなで考え、具現化しました。

愛すべき家族、愛すべき仲間、愛すべき恋人、みんなで一緒に“tom alanne!”

Room-A & Room-B

There are only 2 rooms.
You can stay up to 4 persons in 1 room.
It's avairable to stay in a room only with group

4人プライベートルーム(個室・部屋貸し)

戸建感覚のお部屋です。
1階に大きなテーブルのあるリビング、2階に4つのシングルベッドを配置し、アメニティも充実しております。

設備

  • 無料Wifi接続
  • TV
  • Wifi内蔵スピーカー
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 電気ケトル
  • IHコンロ
  • グラス、コップ
  • 食器類
  • 読書灯
  • 個人用コンセント
  • 新品スリッパ
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • 歯ブラシセット
  • バススポンジ
  • ハンガー
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ボディーソープ
  • ハンドソープ
  • 綿棒
  • コットン
Guide施設利用規則

施設利用規則

ホテル tom alanneでは、お客様に安全かつ快適にご利用いただくため、宿泊約款第10条に基づき次のとおり利用規則を定めておりますので、ご協力くださいますようお願い申し上げます。この規則をお守りいただけない時は、やむを得ずご宿泊ならびにホテル内諸施設のご利用をお断り申し上げ、かつ当ホテルが被った損害のご負担をいただく事もございますので、特にご留意くださいますようお願い申し上げます。

1.客室ご利用について

01.
当ホテルは、ゲストのみなさまだけの特別な空間をご提供するため、フロントデスクを設けておりません。
チェックインは、グループ施設『JUSTINN(ジャスティン)』にて行っております。フロント施設は福岡都市高速『天神北インター』より車で3分ほどの場所にあり、『tom alanne』までは九州最大の繁華街『天神』地区を通って10分ほどで到着します。
チェックイン場所:福岡市中央区舞鶴1-8-28 TEL:092-707-3399
※このチェックインに関しましてご相談がございましたら事前にご連絡願います。
02.
客室よりの避難経路図は、客室入口のドアの裏側に掲示してありますのでご確認ください。
03.
ご在室中や特にご就寝の際は、必ず内鍵をおかけください。また、不審者の来訪に際しては不用意に開扉なさらずに当ホテルフロントにご連絡ください。
04.
客室内では全面禁煙となっております。尚、その他火気を発するものを一切ご使用にならないでください。
05.
客室内及び廊下では、ホテルの許可なく暖房用炊事用等の火気、キャンドル等をご使用にならないでください。
06.
ハンガー以外に衣類を掛けたり、洗濯物等を干したりしないでください。
07.
ホテルの許可なく客室を営業行為(展示会・その他)等ご宿泊以外の目的にご使用なさらないでください。
08.
ホテルの許可なく客室内の備品を移動する、また客室内に造作を施し、あるいは改造する等現状を著しく変更なさらないでください。万一備品の紛失、破損等があった際にはその実費を弁償いただくことがあります。客室内の小物、備品は客室外に持ち出さないでください。またホテルの外観を損なうようなものを敷地に置かないでください。
09.
客室内でのご訪問客とのご面会及び一時入室は全フロア禁止しております。
万が一発覚した場合は、100,000円の違約金を申し受けます。
10.
長期の宿泊契約により貸借権、居住権等借家法その他居住に関する法律上の権利は発生するものではありません。
11.
宿泊登録者以外のご宿泊は固くお断りいたします。
12.
未成年者のみのご宿泊は、保護者の許可がない限りお断りいたします。

2.客室の部屋鍵について

01.
部屋鍵はチェックイン施設であります『JUSTINN(ジャスティン)』にてお渡ししております。
※このチェックイン(鍵渡し)に関しましてご相談がございましたら事前にご連絡願います。
02.
ご滞在中お部屋からお出かけの際は、部屋鍵を必ずお持ちになり施錠をご確認ください。
03.
チェックアウトの際は鍵返却ボックスへご返却ください。
返却ボックスの場所はチェックイン時にホテルスタッフよりご案内いたします。
04.
ご宿泊中は鍵の紛失がございませんよう十分にご注意ください。
万が一紛失した場合は鍵交換料金をご請求いたします。

3.お支払い等について

01.
お会計はチェックインお手続きの際にお願いいたします。なお、ご滞在中でも料金のご精算をお願いする場合がございます。その都度お支払いをお願いいたします。なお当ホテルが請求してもお支払いがない場合は、お部屋を明け渡していただく場合がございます。
02.
ご利用代金のお支払いは、現金または旅行小切手、宿泊券、クレジットカード等、及び当ホテルの認めたものとさせていただきます。手形、小切手はお断りいたします。
03.
ご到着時にクレジットカードの確認をさせていただくか、お預かり金を申し受けることがございますので、あらかじめご了承ください。
04.
ご宿泊者以外の方から料金のお支払いを受ける場合は、定められた期日までにお支払いがなければ、ご宿泊者ご本人に直接お支払いをご請求申し上げます。
05.
お買物代、切符代、タクシー代、郵便切手代、荷物送料等のお立替えはお断りさせていただきます。
06.
客室内の通信回線は当ホテルで定められた緊急連絡先以外にかけることが出来ません。
あらかじめご了承ください。

4.貴重品、お預かり品について

01.
ご滞在中の現金、有価証券、その他貴重品の保管については、当ホテルでは責任を負いかねますので自己責任でお願い申し上げます。
02.
ホテル内での遺失物の処理は一定期間等ホテルが保管し、その後は遺失物法に基づいてお取り扱いさせていただきます。

5.駐車場のご利用について

01.
当ホテルにゲスト用の専用駐車場はございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。

6.暴力団及び暴力団員並びに公共の秩序に反するおそれのある場合について

01.
「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」(平成4年3月1日施行)による指定暴力団及び指定暴力団員等の当ホテルのご利用はご遠慮いただきます。(ご予約後、あるいはご利用中にその事実が判明した場合には、その時点でご利用をお断りいたします。)
02.
反社会団体及び反社会団体員(暴力団及び過激行動団体など並びにその構成員)の当ホテルのご利用はご遠慮いただきます。
(ご予約後、あるいはご利用中にその事実が判明した場合には、その時点でご利用をお断りいたします。)
03.
暴力、脅迫、恐喝、威圧的な不当要求及びこれに類する行為が認められる場合、直ちに当ホテルのご利用はご遠慮いただきます。又、かつて、同様な行為をされた方についてもご遠慮いただきます。
04.
当ホテルを利用する方が心身耗弱、薬品、飲酒による自己喪失など、ご自身の安全確保が困難な時や、他のお客様に危険や恐怖感、不安感を及ぼす恐れがあると認められるときは、直ちにご利用をお断りいたします。
05.
館内及び客室内で大声、放歌及び喧騒な行為その他で他者に嫌悪感を与えたり、迷惑を及ぼしたり、又、賭博や公序良俗に反する行為のあった場合には、直ちにご利用をお断りいたします。その他上記各事項に類する行為のあるときは、ご利用をお断りいたします。

7.ホテル内では他のお客様の迷惑になる下記の物の持ち込み、又は行為はご遠慮ください

01.
動物、鳥等のペット類。(補助犬は除く)
02.
火薬、揮発油、その他発火又は引火性の物。
03.
悪臭を発する物。
04.
法により所持を禁じられている鉄砲、刀剣、覚せい剤の類。
05.
ホテル外から飲食物等を持ち込む事。
06.
賭博や風紀を乱すような行為、又は他のお客様の迷惑になるような言動。
07.
ゆかた、バスローブ、スリッパ等で客室外に出ること。
08.
広告、宣伝物の配布、物品の販売、勧誘等。
09.
ホテルの許可なくホテル内のパブリックスペースで写真撮影をする事、及びホテル内で撮影した写真を営業上の目的で使用する事。
10.
携帯電話のご使用にあたり、適切でない場所での会話や大声での通話等、他のお客様に嫌悪感、迷惑を及ぼす行為。